2022.02.09

花粉症の対策や予防について

今年もつらいつらい花粉症の季節になりましたね!
今日はつらい花粉症を乗り越えるため、対策や予防法についてまとめてみました。


花粉症対策

粉症について

一般的に花粉症は、2月〜5月に多く見られます。
主に2月〜4月はスギ花粉、4月〜5月はヒノキ花粉が飛散します。
近年は、スギの木の成長や温暖化の影響で潜在的な花粉生産能力が高まっていると言われています。

 


な症状

花粉が鼻や目に入ることにより、体がアレルギー反応を起こし、くしゃみや鼻水、涙が出たり痒みを伴います。
 


からできる花粉症の予防

今花粉症ではない人も花粉を大量に吸い込むと花粉症を発症する可能性が高まります。
軽症だったり花粉症じゃないから大丈夫と思っていても、突然症状が出たりするのでなるべく花粉に接する機会を減らした方がいいようです。


花粉症予防

▶︎マスク・・・
花粉を吸い込む量を減らす事ができるので、鼻の症状を軽減させる事が期待できます。

▶︎メガネ・・・
メガネをかける事により花粉が目に入る量を軽減できるため、目に花粉が直接入った事による痒みや涙を軽減できる可能性があります。

▶︎うがい・・・
うがいをする事により喉に付着した花粉を取り除くのに効果があるため、定期的にうがいをしましょう。また、風邪の予防にもつながります。

▶︎服装 ・・・
毛織物の上着などは花粉が付着しやすいと言われています。ポリエステルなどの化学繊維を使ったものの方が花粉が付着しにくいと言われています。

お家に帰ったらうがい手洗いはもちろんですが、加えて洗顔をしたり服や帽子に付いた花粉を家に持ち込まないために、玄関で花粉を払い落とすよう心掛けましょう。
 


粉症の症状が出た時の対策

診察

▶︎症状が出始めた初期の段階で治療を開始する・・・
炎症などの症状が酷くない初期症状の段階で治療を開始する事で花粉症の進行を止め、正常化に舵を切る事ができるため重症化を防ぐ事ができます。

▶︎なるべく花粉が体内に入る量を減らす・・・
上記でご紹介した予防方法を行い、なるべく花粉と接する量を減らすことも症状を抑える事につながります。
 


とめ

花粉症は一度発症してしまうと自然治癒する確率は非常に低いと言われています。
なるべく花粉を多く体内に入れないよう意識し、マスクやメガネ・うがい手洗いを行うことで重症化を防ぐ。
また、眼科や耳鼻科などで適切な治療を行うことで症状を最小限に抑え、つらい花粉の時期を乗り越える事ができます。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。
  • ぐるっときらら取材班

    ぐるっときらら取材班

    グルットキララシュザイハン

  • 〒300-2706 茨城県常総市鴻野山1735-4

    TEL:0297-44-6572

  • 詳しく見る

NEW新着記事

TEL:0297-44-6572

INFORMATIONインフォメーション

  • ぐるっときらら取材班
  • ■名称

    ぐるっときらら取材班
  • ■フリガナ

    グルットキララシュザイハン
  • ■住所

    〒300-2706 茨城県常総市鴻野山1735-4
  • ■TEL

    お問合せ:0297-44-6572
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ