2021.10.18

第49回衆議院議員総選挙 茨城3区 候補者一覧

※届け出順となっております。
選挙結果はこちら外部リンク
 
かじおか博樹

かじおかひろ(44)
[立憲民主党]
略歴

1977年(昭和52年)8月19日生まれ(血液型O型)
守谷市立けやき台中学校卒業(第2期生)
江戸川学園取手高校卒業(第16期生)
慶應義塾大学法学部卒業
(犯罪学のゼミにて少年犯罪・薬物犯罪などを学ぶ)
充電期間に早稲田大学院政治学研究科にて北川正恭教授(元三重県知事)の指導のもと自治体経営等について研究し、公共経営修士(専門職)を取得
守谷市議会議員 当選1回
平成20年11月 茨城県議会議員選挙に地盤・看板・カバン無しで、11560票を獲得し31歳で初当選
平成22年12月 茨城県議会議員選挙に10798票を獲得し、2位にダブルスコア以上の差をつけてトップで2期目当選
平成24年 守谷市長選挙に出馬するも14.194票対12.197票で落選
平成28年 守谷市長選挙に再出馬するも落選
現在は人材紹介会社を経営。医療福祉領域の人材紹介によって福祉施設の人手不足や安全安心の老後に貢献すると共に、シニア・主婦層の雇用機会創出に注力。
令和元年11月27日 国民民主党茨城県第3区総支部長に就任
令和2年9月15日 新党 立憲民主党の結党大会に参加

HP:https://kajiokahiroki.com/
 
はなし康弘

はなしやすひろ(62)
[自由民主党]
略歴
昭和34年生
昭和57年 東京大学法学部卒、警察庁入庁、危機管理の現場で活躍
平成6~9年 在インドネシア、日本大使館一等書記官、外交交渉・情報収集の第一線に立つ 平成11年 退官(警視正)
平成15年 衆議院議員初当選 102,315票
平成17年 衆議院議員再選 113,977票
この間
・憲法改正国民投票法提案者となるなど憲法問題の第一人者として活躍
・探偵業法、振り込め詐欺被害救済等の議員立法を自ら立案し・成立させる
・党農政基本委主査・畜産酪農委員長に就き、若手農政通として活躍
・党国会対策副委員長、衆議院予算委員、衆議院国土交通委員会理事に就き、国会中継での質問者の常連とし活躍
平成21年 衆議院総選挙惜敗 103,228票
落選後、地域の皆様の声を聞く活動に徹し、日本を立て直す情熱を培う、自由民主党茨城県第3選挙区支部長 平成24年 衆議院議員3期目当選 113,158票
平成25年 衆議院農林水産委員会理事、衆議院憲法審査会幹事、自由民主党東日本大震災復興加速化本部事務局長、自由民主党治安・テロ対策調査会事務局長 、自由民主党行政改革推進本部事務局長、財務大臣政務官(第2次安倍内閣)
平成26年 法務副大臣 兼 内閣府副大臣(第2次安倍改造内閣)、衆議院議員4期目当選 120,500票、法務副大臣 兼 内閣府副大臣(第3次安倍内閣)
平成27年 自由民主党副幹事長、自由民主党農林水産戦略調査会副会長
平成28年 衆議院法務委員長、衆議院予算委員会理事、自由民主党総務部会長
平成29年 法務副大臣 兼 内閣府副大臣(第3次安倍第3次改造内閣)、衆議院議員5期目当選 113,068票、法務副大臣 兼 内閣府副大臣(第4次安倍内閣)
平成30年 衆議院法務委員長、自由民主党農林・食料戦略調査会副会長、自由民主党情報戦略調査会副会長、自由民主党司法制度調査会副会長、自由民主党治安・テロ対策調査会副会長
令和元年 衆議院予算委員会理事、衆議院法務委員会筆頭理事、自由民主党副幹事長、自由民主党農林水産災害対策委員長
令和2年 農林水産副大臣(菅内閣)
令和3年10月 自由民主党政務調査会会長代理
HP:https://www.hanashiyasuhiro.com/
 
岸野ともやす

きしともやす(26)
[日本維新の会]
略歴
1994年9月21日(26歳)
茨城県取手市に在住。
慶應義塾大学商学部を卒業後、一部上場不動産会社に就職。現在、就職・転職支援の会社代表を務め、若者のキャリア支援に従事。
参議院議員石井あきらに師事し、衆議院茨城県第3選挙区支部長に就任。
HP:https://www.tkishino.com/




 
 

NEW新着記事

INFORMATIONインフォメーション

  • 第49回衆議院議員総選挙
  • ■名称

    第49回衆議院議員総選挙
  • ■フリガナ

    ダイ49カイシュウギインギインソウセンキョ
  • ■住所

    茨城県県南周辺
  • 詳しく見る

CATEGORY記事カテゴリ